マットレスの役割

マットレスの役割

眠りは、人の生活の中でとても大切なこと。
よい眠りは健康を導きますので、寝具にはこだわりたいものです。
最近はベッド派の人も多いと思いますが、寝心地を左右する最も重優な寝具はマットレス。
さて、このマットレスには、いったいどのような役割があるのでしょうか。

 

睡眠時には人間の全体重が床面にかかります。
この体重によってかかる圧力を吸収・分散して体の負担を軽くするというのがマットレスの役割です。
睡眠時に最も多い「あおむけ」の体勢は、肩から腰にかけて体重が集中します。
特に、腰にかかる負担は体重の約44%にもあたると言われています。
朝、目覚めたときに肩こりや腰痛を感じることがあるのはこのためなのです。

 

また、「あおむけ」の状態で長時間いると、常に体重がかかって血行も悪くなってしまうため、人は睡眠中、無意識のうちに体勢を変えます。
これが「寝返り」です。この寝返りの回数が多くなりすぎると、深い睡眠が妨げられてしまい、起きた時に疲労感を感じてしまいます。
このような体への負担を軽減させるために、マットレスはとても重要なものなのです。