介護におけるマットレス

介護におけるマットレス

ベッドに横になっている時間が長く、自分で寝返りはできない要介護者の方などには、体圧が分散されるタイプのマットレスがオススメです。
ベッド利用時間の長い方のマットレスの選び方のポイントは、床ずれ防止です。

 

身体が沈み込みすぎて動きがとれなくなる恐れを考えて、単に柔らかいだけのマットレスは避けたほうが無難でしょう。
一般的にマットレスは硬いほうが動きやすいといわれますが、硬すぎても動作に支障をきたす場合があります。
マットレスの硬さの選び方として、身体の硬さと近い硬さを目安にすると良いでしょう。
マットレスを動作しやすい硬さに変えるだけで寝返りがしやすくなり、床ずれを防止できます。

 

一方自分で寝返りが打てたり、寝ているだけではなくベッドから降りて移動が出来る場合は、硬さも適度に有るような、一般的なマットレスで大丈夫です。
できれば縁がしっかりしているマットレスが良いでしょう。

 

最近では硬め、柔らかめの両方を使い分けることのできるリバーシブルタイプのマットレスも出回っているので、選び方にこだわらず寝心地で使い分けることも可能です。