おすすめのマットレスはこちら|人気マットレス激安通販

マットレス人気ランキング

ポケットコイルシングルマットレス ムスタリング MR300P

 

人気のポケットコイルマットレスです。
体の圧力を均等に分散できる配置を採用。
体に添いやすく、負担をかけないのが大きな特徴と言えます。
世界品質であるドイツのムスタリングブランドですね。

 

≪詳細はこちらから≫

 

低反発マットレス シングル 8cm 密度40D

 

驚くべきコストパフォーマンスの低反発マットレス。
定番パイルとサラサラメッシュで快適に使うことができます。
高い密度のウレタンフォームを素材として使用しています。
低反発マットレスは包み込まれるような寝心地がいいですね。

 

≪詳細はこちらから≫

 

トゥルースリーパー プレミアム シングル

 

低反発マットレス「トゥルースリーパー プレミアム シングル」
その極上の眠り心地からファンが増えてきているマットレスですね。
眠りを喜びに変える気持ち良さは、水と空気を通す新素材がその秘密。
一度試すと人気の理由が分かります。

 

≪詳細はこちらから≫

睡眠の質を左右する重要な役割を持つマットレス。

さまざまな種類の中から、よさそうなマットレスを選んで購入したとしても、実際に夜の一定時間、睡眠をとってみないことには、本当に自分の体に合っているのかどうかはわかりません。

お店で試した時には良さそうに感じても、実際に自宅で寝てみると、なにかが違う、疲れが取れない、などという失敗談もよくあります。

 

マットレスは、一度購入したら少なくとも5?6年、長ければ10年ぐらいは生活を共にするアイテムですから、購入には慎重になりたいですよね。

マットレスを購入する際には、お試し期間や返品システムの整ったお店を選ぶことは、マットレス購入のいちばんの重要ポイント。

使用してみて不具合を感じたら、お店にきちんと相談し、返品交換をしてもらいましょう。

 

人間は、一生のうちの3分の1の時間をベッドで過ごすといわれています。

さらに、睡眠は生活に必要なパワーをチャージするとても大切な時間。

マットレス選びは決して妥協せず、自分にぴったりの最強のマットレスを手に入れてください。

続きを読む≫ 2014/11/16 07:55:16

ひとり暮らしの部屋にはベッドが必需品ですが、その他にも、くつろぐためのソファーも置きたいと考える人は多いですよね。

しかし、ひとり暮らしの狭い部屋にベッドとソファーを両方置くのは結構、厳しいはず。

そんな、ひとり暮らしの人におすすめしたいのが、脚付きのマットレス。

 

脚付きマットレスは、一般的なベッドのようなヘッドボードがついていないので、とてもコンパクトです。

部屋が狭くても、圧迫感がないので気軽に置けます。

脚付きマットレスは壁ぎわに寄せて設置すればソファーのようにも活用できます。

1台でベッドとソファ―の2通りに使いこなせるので助かりますよね。

 

さらに、脚付きマットレスのマット下の空きスペースを利用して収納ケース等を置くことで、デッドスペースが効率よく活かせます。

脚付きマットレスはマットに脚がついた状態ですので、とてもシンプル。

特に女性用ならコンパクトなサイズでもOKなので、圧迫感もなくオシャレなインテリアとして力を発揮します。

一人暮らしの部屋に帰って、オシャレでセンスあふれる脚付きマットレスに身をゆだねてくつろげるのは、最高の気分ですね。

続きを読む≫ 2014/11/16 07:55:16

寝心地の良さには定評のある低反発マットレスですが、メリットも多い分、逆にデメリットもあります。

一番のデメリットは、通気性が悪いということ。

低反発マットレスの柔らかさを追求するために使用している素材が、性質的に通気性が悪いものになっています。

通気性が悪いと、体の熱がマットレスにこもってしまうこととなり、ムレの原因になってしまいます。

梅雨のジメジメした時期や真夏の熱帯夜などには、低反発マットレスは寝苦しさを感じることもあるようです。

 

次のデメリットは、耐久性があまりないこと。

低反発マットレスのあの独特の柔らかさは、心地よい反面、特に、価格の安い低反発マットレスは、使用しているうちにすぐに反発力が弱くなってくるものもあります。

低反発マットレスの寿命を延ばすには、定期的に上下を入れ替えたり、風通しのいいところで陰干しをしたりと日常のメンテナンスが重要です。

 

また、低反発マットレスが柔らかすぎて、必要以上に体が沈み込んでしまうと、肩こりや腰痛の原因になることもあります。

メリットばかりでなくデメリットもきちんと認識して、低反発マットレスと上手につきあいたいですね。

続きを読む≫ 2014/11/16 07:54:16

ここ数年、話題を集めているのが低反発マットレス。

低反発マットレスはその評判どおり、メリットがたくさんあります。

 

まず、なんといっても低反発マットレスは寝心地がとても良いのです。

体がゆっくりと沈み込むほど柔らかく、マットレスに包まれているような安心感は他のマットレスでは味わえない心地よさです。

低反発マットレスは体の重量で沈み込むので、体の一部分だけに負担がかかることがなく、どんな体勢でも心地よく寝れるのです。

 

また、寝ているとき同じ体勢で長時間、体圧がかかる姿勢をとると、手足がしびれを起こすことがあります。

しかし低反発マットレスは独特の柔らかさで体圧を吸収してくれるため、腕や肩のしびれを解消してくれるのです。

硬すぎるマットレスだと、体圧による血の滞りを防ぐために人は必要以上に寝返りを繰り返してしまうので、寝ていても疲れがとれません。

 

ですが、低反発マットレスなら体圧分散に優れているため、寝返りの回数も必然的に少なくなるので睡眠中の疲れも出ないのです。

低反発マットレスなら、快適な睡眠が得られるのも納得ですね。

続きを読む≫ 2014/11/16 07:54:16

たっぷり寝たはずなのに、起きた時に疲れがとれていない・・・。

気持ちよく眠りにつきたいのに、すぐに目が覚めて、なんだか眠った気がしない・・・。

快眠が得られない原因は、もしかしたらマットレスが、自分の体に合っていないのかもしれません。

お店では、マットレスの種類はたくさんあり、値段もピンキリです。

しかし、必ずしも値段が高いマットレスがよいのか、というと、そうでもないのです。

 

値段の高いマットレスは素材によいものを使用していることが多く、自分の体に合っているかどうかとは、まったく違う話になってきます。

快眠を得るためには、高級かどうかよりも自分の体にぴったり合ったマットレスを選ぶ必要があるのです。

自分に合ったマットレスを選ぶには、まず、お店で実際に横になってみることです。

 

よく、腰をかけたり両手で押して反発力を確かめている人を見かけますが、マットレスに実際に横になってみて、出来れば5分間ぐらい寝た状態で試してみることをおすすめします。

お店でそんなことは恥ずかしい、などと思う必要はありません。

マットレスはそう安いものでもありませんので、快眠のためにはしっかり試して購入しましょう。

続きを読む≫ 2014/11/16 07:54:16

優れた寝心地の新品マットレスも、5年、10年と使い続けるうちにヘタリがでてくるのは仕方のないことです。

中央が凹んできたり、きしみ音が聞こえてきたり、寿命はいつしか必ずやってくるものです。

でも、使い方によって寿命時期にも多少の差がでてくるのも事実。

 

少しでも長く寿命を延ばすための方法として、マットレスの位置を上下・表裏で定期的に変えるようにするとよいようです。

マットレスを毎日同じ方向で使用すると当然ながら、同じ部分だけに負荷がかかりますので寿命も早まってしまうのです。

マットレスのローテーションをすることで、マット全体にかかる負荷を均一化すると、寿命は確実に長くなります。

 

また、マットレスには汗などで湿気がこもった状態になっていますので、そのまま放置しておくとカビの原因になったりします。

定期的にマットレスを風通しのよい場所に置いたり、干したりする作業が大切です。

カビ知らずの衛生的なマットレスなら、寿命も長く延ばせそうですね。

続きを読む≫ 2014/11/16 07:53:16

スプリングのきいた寝心地のよいマットレスも、目安として7、8年から10年ぐらいで寿命を迎えます。

マットレスは毎日使うものなので微妙な変化がわかりにくく、ついつい、寿命をスルーしてしまいがち。

手遅れにならないように、マットレスの寿命の見極めポイントをしっかりおさえておきましょう。

 

まず、体圧が最も多くかかる腰の部分が凹んでいる場合。

これはもう、買い替えの時期とみてよいでしょう。

マットレスの中央部分のへこみは、睡眠の姿勢を「くの字」にしてしまいますので体調不良の原因になってしまいます。

 

へこみ以外では、背中部分にスプリングが当って痛いという場合。

これはマットレス表面のクッション部分がヘタっているのでしょう。

これもマットレスの寿命とみて間違いありません。また、寝返りをする際にマットレスからきしみ音が聞こえてくるようになった場合、これもマットレスの寿命といえます。

マットレスの寿命の見極めポイントをしっかり頭に叩き込んで、いざという時にあわてないように備えておきましょうね。

続きを読む≫ 2014/11/16 07:53:16

健康につながるいい眠りのために、自分に合ったマットレスを選びたいものですが、マットレスはどれぐらいの寿命があるのでしょうか。

マットレスは、毎日欠かさず使用するものなので、日々の些細な変化には気づかないことがほとんどでしょう。

しかし、毎日少しずつ負荷がかかっているマットレスですから、いつかは必ず劣化してきます。

 

だいたい、一般的にみてマットレスの寿命は長くても10年と言われています。

人の体は頭、肩、腰、足など、凹凸があるので、マットレス全体が均一に劣化するということはなく、部分的に凹んだりヘタったりしてくるものです。

もし、寿命の過ぎたマットレスを使い続けた場合は、体に歪みが生じてきたり、腰痛や肩こりを引き起こす原因になってしまいます。

本来、疲れを取る睡眠のためのマットレスが、逆に体に悪影響を与えることとなってしまうのです。

 

マットレスは使えなくなるほど壊れる、ということがまずないので寿命の時期がわかりづらいのですが、7、8年を経過してマットレスはそろそろ買い替えを検討したほうがよいかもしれませんね。

続きを読む≫ 2014/11/16 07:53:16

マットレスは、素材やコイルの作りで大まかに5つの種類に分けることができます。

コイル全体が連結している「ボンネルコイルマットレス」は、体を面で支える特徴があり、寝心地は適度に硬めです。

このボンネルコイルマットレスを高密度に配置したのが「高密度スプリング」で、ボンネルコイルマットレスより、やや耐久性が高いのが特徴です。

 

また、コイルが1つずつ独立している「ポケットコイルマットレス」は、1個1個のコイルが体の圧力を分散してくれますのでフィット感に優れています。

力を加えるとゆっくりと沈み込むウレタン素材のマットレスは、おなじみの「低反発マットレス」。

体との接地面が多くなるので体温でとても暖かくなります。

 

そして、低反発ほど柔らかくなく、理想の睡眠姿勢をキープできるのが「高反発マットレス」。

腰痛対策にもよいとされ、最近人気が高くなっています。

どのマットレスも、自分に合うかどうかは試してみるのが一番。

健康的な眠りを実現するたに、マットレス選びにこだわってみてはいかがでしょう。

続きを読む≫ 2014/11/16 07:52:16

眠りは、人の生活の中でとても大切なこと。

よい眠りは健康を導きますので、寝具にはこだわりたいものです。

最近はベッド派の人も多いと思いますが、寝心地を左右する最も重優な寝具はマットレス。

さて、このマットレスには、いったいどのような役割があるのでしょうか。

 

睡眠時には人間の全体重が床面にかかります。

この体重によってかかる圧力を吸収・分散して体の負担を軽くするというのがマットレスの役割です。

睡眠時に最も多い「あおむけ」の体勢は、肩から腰にかけて体重が集中します。

特に、腰にかかる負担は体重の約44%にもあたると言われています。

朝、目覚めたときに肩こりや腰痛を感じることがあるのはこのためなのです。

 

また、「あおむけ」の状態で長時間いると、常に体重がかかって血行も悪くなってしまうため、人は睡眠中、無意識のうちに体勢を変えます。

これが「寝返り」です。この寝返りの回数が多くなりすぎると、深い睡眠が妨げられてしまい、起きた時に疲労感を感じてしまいます。

このような体への負担を軽減させるために、マットレスはとても重要なものなのです。

 

 

続きを読む≫ 2014/11/16 07:52:16